最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


FC2カウンター


プロフィール

四季桜

Author:四季桜
FC2ブログへようこそ!


スポンサー


株価チャート

by 株価チャート「ストチャ」

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:日本政治
 菅直人氏は、首相の椅子を射止めて間もないにも関わらず、政治スタンスを大きく変えた。

 所謂、市民の代表のスタンスから官僚と対峙する、国家権力と対峙していたのだが、首相の座を射止めると同時に、高度な知識や情報の宝庫である官僚と深く結びつこうとしている。これは、合理的な選択であるが、多くの人間には実行できないものである。

 過去の経緯を忘却したかのように、従来の自民党のように、「 大企業・輸出企業優先 」「 キャリア官僚と癒着 」「 米国追従 」の路線を進むことになるであろう。つまり、キャリア官僚主導の路線である。結果、民主党内の親米派の存在意義を薄くし、自民党への打撃も与えることになるであろう。

 現在は、党内基盤の弱い菅直人首相が、内なる敵になりうる小沢一郎氏とどのように接するのか?菅直人氏の頼みの綱は支持率であり、国民を欺くような茶番を演じる可能性が高い。菅直人首相の大変身によって、民主党内部での基盤をより強固にできるのかが勝負の分かれ目であろう。

 このような市民への背信行為をしてまでも、権力を掌握したい菅直人首相は、一体、何をしたいのであろうか?そこが、全く見えてこないので危険である。特に、過去の発言から保守層は、菅直人首相への警戒を怠ることはないであろう。

 



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
   
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 疾風怒濤 -非連続線上の飛躍 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。